北摂の子どもから大人まで、たのしめるピアノ教室です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -

お知らせ

ピアノ教室フェルマータのブログにお越し頂きありがとうございます。

2010年5月の開設以来、ブログからのご縁にも恵まれ、

音楽を通して皆様と、良いおつきあいを頂きました事を、

大変感謝しています。

年月と共に、諸事情で時間のゆとりがなくなったり、

自分の体力も変化してきたりという事をふまえて、

新たな活動の受付は終了させていただこうと思います。

長い間ありがとうございました。


尚、この1年間はブログもご無沙汰してしまいました。

ブランクの間に、お問い合わせ頂いた方には大変申し訳ありませんが、

ご期待に添う事が難しい事を、心からお詫び申し上げます。


*今までの記述内容に、「生活団」や「鈴木メソード」の事等、

今は情報が少なくなっている事柄もあるため、

しばらくの間はブログは閉じずにおきます。

(お問い合わせ欄の受付は終了します)
17:53 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

鈴木メソード

発表会が終わって、少しホッとしました。
本棚の「愛に生きる 才能は生まれつきではない 鈴木鎮一 講談社新書」が、目にとまりました。
改めて、書名が良いなあと思います。

鈴木メソードは教育は環境づくりが全てであるという考え方。先日桜宮高校の体罰問題の報道や、市長の発言を見ていて、鈴木先生ならどうおっしゃるかなと思い出しました。

本の内容はバイオリン教育なのですが、どんな教育にも当てはまる考え方です。教育しようと思ったら、まずそういう環境を作る。音楽教育なら、最高の音楽に十分触れて、耳からその曲を十分に頭に入れて、それから演奏の練習を始める。そんな事が愛情深く、分かりやすい言葉で、書かれています。本当にその通り。けれど、今は鈴木メソードは一部に熱心な推進者はおられても、かつてのような勢いがなく、残念。でも、良い事は忘れないようにしたいものですね。


03:05 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

帆船『あこがれ』のフィナーレは、2012年12月24日

大阪市が所有する帆船の最終航海が終わりに近付いています。この帆船の航海体験のことはピアノの生徒さんから聞いて、機会があれば体験したいなあと思っていました。いつか実現したいと『あこがれ』ているのと、できないのとは、同じ未達成のことでも大違い。この航海をもって、大阪市はこの帆船の20年に渡る運営の歴史に幕を下ろし、売却するそうです。多数のボランティアさんの協力に支えられてきた、日本唯一の一般人が航海体験が出来る帆船。この小さな船が、世界一周航海した事が本になっています。せめて本だけでもそばに置いて、夢を楽しみたいと思います。



■帰港は、明日のことなので、とりあえず、帆船『あこがれ』友の会のブログから引用させていただきます。

12/24(祝)オズ岸壁でみんなでラストのお出迎え!

2012年12月24日(祝)1300集合:出迎準備。1500舷門待機
 集合場所:大阪南港ATC前オズ岸壁、ポンツーン前(雨天決行)
 素敵なX’masプレゼントがその場で当たるゲームを計画中
オズ岸壁からスペシャルな横断幕や賑やかグッズで鈴なりの出迎えをしましょう!
終了後は近くのお店でボランティア・スタッフ主催の懇親会を予定しています。(参加自由)


※この船の所有と運営は、橋下市長の意向で廃止になるとのことです。予算に見合う教育効果が認められず、自治体がする事業ではないとの見解だそうです。これ関わる年間約一億円の予算というのは、もしかすると見直す必要はあるかもしれませんが、船上のチームワークは、教育上かけがえのない体験でしょう。大阪の子供達からこういう機会を奪うことになるのは、あまりにも残念だと思います。テストや進学率で計れない、教育効果のある事は、どれぐらい予算があったらできるのか解りません。良い引き受け手が現れて、何らかの形で継続への道が残される事、せめて『あこがれ』の余生が幸せである事を祈ります。
JUGEMテーマ:マリンスポーツ


13:53 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

小川にカモやサギが来ています。

近所の「小川」(茨木川の支流?)で、カモやサギを毎年見ることが出来ます。渡り鳥だから、どこから来てどこへゆくのか興味があります。この小川(これはこの川の名前です)は、10年ぐらい前に川岸に花壇を作るときに、ユンボが入って、キャタピラーで川底が平らになってしまった。さらに周辺の田んぼが無くなったので、きれいな水が来なくなって、メダカなどが殆どいなくなっています。水鳥の姿を見ると、今年も来てくれたとほっとしますが、何を餌にしているのかなと心配です。川岸の石垣などは綺麗になったのですが、川底が平らだと、水も浄化されないし、魚床用のブロックにはゴミが溜まるだけみたいで、全く自然を理解していない美化工事だったなあとため息が出ます。カモさん、めげずに来てくれて有難うね。

カモ


23:25 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

伊吹唯ストリートライブ

 きのう梅田を歩いていたら、「ジュピター」の歌声に引き寄せられました。平原綾香さんとは又違う魅力があって、足を止めて聞き惚れました。

【伊吹唯 ストリートライブ】として、各地で路上ライブをされているとか。観客も増えてゆき、最後には大きな拍手が起きました。

伊吹

Youtubeに動画をアップしてくださっていた方があったので、リンクしておきます。
伊吹唯(Ibuki Yui) Jupiter @ 梅田路上ライブ(平原綾香カバー)
17:11 おすすめ音楽・本など comments(0) trackbacks(0)

山下清展

 残念ながら3月20日で終了してしまいましまいましたが、最終日に、心斎橋大丸で開かれていた山下清展に行きました。

ヨーロッパに行った時の絵も良かったですが、やっぱりチケットにもなっている「長岡の花火」が、素晴らしかったです。写真で見ると解りませんが、紙による点描なんですね。で、その点々の一つ一つが紙を丸めてあるとか、ただ貼るだけではない工夫がしてあるのです。会場内の撮影は禁止でしたから、外部の写真と、販売していた作品です。ヨーロッパまで同行してくれた先生や、同居して、後々まで作品の管理をされているご家族と、本人の才能と根気があってこそ、こんな無垢な目で見た風景の懐かしさを、私達も感ずることができるわけで、色々な縁に感謝と不思議を感じずにいられません。

02:23 子育て・学ぶ事 comments(0) trackbacks(0)

初詣

上賀茂神社に行きました。式年遷宮の行事の最中です。おみくじは大吉。何だか嬉しい。
神社

01:51 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

乙武洋匡さん講演会

 今日は地元の茨木市立東奈良小学校の創立30周年記念式典で、乙武洋匡さんの講演会があった。我が家の子ども達は、とっくに卒業したのだが、乙武さんの講演会が有ると聞いて駆けつけた。乙武さんの著書『五体不満足』も、出版後すぐに読ませていただいたし、器用な動作やお話は、テレビなどでよく存じ上げていたけれど、やっぱりすごい人だ。腕まくりして、こんな風にしてと、色々な動作をしてみせた上で、小学校の先生をしていた時のエピソードを聞かせていただいた。一番残念だと思った事は、例えば運動会でも、初めからやる気を持たない子どもが居た事。彼らにどんな風に意欲を持ってもらおうかと考えて、担任のクラスが、各種目の一番をとったら、先生が坊主になるという案を出して実行した話や、水泳の出来ない子どもに、同じく水泳の苦手な(当然だが)乙武先生が、率先して泳いでみせた事など。どの話も、とても熱意ある生き方が伝わってきた。自分は身体のせいにすれば、何も出来なくなってしまう。それではいけないから、「言い訳はしない事に決めた。」これは本当に良い言葉だと思う。撮影禁止だったので、カメラは空振りで持ち帰りました。


【参照】東奈良小学校HP 過去の日記を読む(2011年11月の日記に写真があります)。
12:12 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

南茨木駅前の鳥たち

 今日の夕方駅前を通ると、街路樹に鳥たちのうるさいほどの鳴き声がしていました。工事をしていても、やはりねぐらはココにあるんだねと安心しました。そして、バス停かと思った屋根はタクシー乗り場の屋根だと判明。ウムー大工事をして何が変わるんだろう。別のところにバスが通るのかな?知ってる人があれば教えて下さ〜い。
 中央環状線の下をくぐる部分は確かに高いところになって、背の高い車両が通りやすいし、見た目もスッキリしたけど、広くなったように見えるのは木が少なくなったからだろうし、これを期に画期的な自転車用のパーキング機械でも設置してくれるのかと思ったら、チガウようだ。ココに駐輪できないならどうやって買い物にこいって言うのかしら?と言う声が聞こえました。スーパーマーケットって、駐車場があったり駐車料金負担の券をくれたりするが、自転車にそのようなサービスをする気はないんだろうかと思いながら帰りました。
23:13 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

南茨木駅前に「もしやバス停?」

 長いことかかっている、南茨木駅前の大工事は、わが街をどんどん知らない街にしてゆくのだが… そういえば、ジェリー藤尾の『遠くへ行きたい』って歌があった。

♪知らない街を 歩いてみたい
どこか遠くへ 行〜きた〜い♪

わざわざ行かなくても、電車から降りたらそこは「知らない街だった」というのが、最近の南茨木の姿。駅前の樹木に巣を作って、夕方には大騒ぎしていた鳥たちはどこへ行ったのかしら。それにしても、普通完成予想図とか、せめて図面とかは掲示することが多くなってると思うのだが、大きな工事の割に、出来てからのお楽しみという感じで、下々には知らしむべからずってことなのか…。

まあ、いい歌を思い出させてくれて有難う、と考えることにしよう。

バス停のようなあの屋根は、タクシー乗り場のものなのか、それともバス停になるのかと思って検索したら、写真を載せてくれているブログがありましたが、「もしやバス停?」の謎は解けませんでした。

【参照ブログ】勝手に都市計画
Check
00:26 ふと思う事 comments(0) trackbacks(0)

PROFILE

★ピアノ教室を主宰しています。
★阪急京都線沿線です。

MENU

地域情報

茨木の地域情報:北摂ナビ

NEW ENTRY

COMMENT

TRACKBACK

LINKS

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

SPONSOR